シミのレーザー治療

考える女性 シミの治療って言うと、真っ先にレーザー治療が思い浮かぶけど、どんなものにも効くのかしら?

ルビーレーザー治療とは?

694nmの波長のレーザー光を出す装置で、シミ・ほくろ消しに利用されます。母材にルビーを使用するためこの名がつけられています。

ルビーレーザー光は正常皮膚や血管にほとんど吸収されず、メラニン色素には良く吸収される性質があります。このため、正常組織へのダメージを抑えながらメラニン色素だけを効率よく破壊することが出来ます。

ルビーレーザーを照射することで、シミの原因であるメラニン色素が破壊されます。破壊されたメラニン色素は表皮のターンオーバーにより皮膚表面に押し出され、1週間ほどでかさぶたとなって剥がれ落ち、白い肌が戻ります。

濃さ、深さによりレーザーの照射回数は異なり、薄いもので1回、ほとんどの場合、3回ほどの照射が必要です。

効果があるシミ

老人性色素斑(日光性黒子)、そばかす、遅発性太田母斑様色素斑など多くのシミに対して有効ですが、肝斑など一部のシミに対しては使用できません。

肝斑の場合、ルビーレーザーを照射すると、かえって色が濃くなる場合があります。また、扁平母斑の場合は、薄くなることもありますが、変化がなかったり、濃くなったりと結果がさまざまです。また扁平母斑に対しては、再発しやすいことでも知られています。

注意点

ルビーレーザー照射によりメラニン色素が破壊されますが、このとき熱が生じるため、皮膚が軽いやけど状態となります。シミの種類・状態や術後のケアによっては、このやけどが色素沈着や瘢痕を引き起こす場合があります。色素沈着の場合、適切なケアを行えばもとに戻りますが、瘢痕はもとには戻りません。このため、十分な知識を持った医師のもとで治療を受けることが大切です。

このページの先頭へ


  • サイトマップ
  • 運営者情報