シミができる原因って?

u-nS.gif(5521 byte) どんな種類があるのかはわかったわ。これ以上増やしたくないんだけど、どうすればいいのかしら?

シミの主な原因

シミ対策を行う前にまず原因を知る必要があります。原因を特定して、それに応じた適切な対策を取ることが大切です。

紫外線

紫外線はシミの最大の原因と考えられています。紫外線を浴びるとことでメラニン色素が生成され、このメラニン色素が沈着することでシミとなります。では、なぜ紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されるのでしょうか?

本来メラニン色素は紫外線による体内へのダメージを防ぐため、紫外線を遮断するため生成されています。メラニン色素は新陳代謝(ターンオーバー)により自然と体外へ排出されますが、紫外線を浴びすぎて新陳代謝による排出を上回る量のメラニンが生成されたり、新陳代謝が衰えることで沈着が起こります。

紫外線対策

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによりシミが出来やすくなります。特に肝斑はホルモンバランスの乱れが発生原因の一つと考えられています。

女性ホルモンの一つである黄体ホルモンには、メラニン色素の生成を活性化する働きがあります。生理前や妊娠中、ピル服用中には他の女性ホルモンに比べ、黄体ホルモンの分泌が優位となり、シミが出来やすくなります。

ホルモンバランス対策

ストレス

最近になりストレスが強いほどシミができやすいとの調査結果が出ています。ストレスが原因でできるシミは額に現れやすいと言われています。ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こし、メラニン色素の生成を活性化することでシミを出来やすくします。

ストレス対策

不摂生

過労、睡眠不足、偏った食事などの不摂生は、肝機能の低下、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。また、血液循環を悪化させ、新陳代謝の低下を招きます。新陳代謝の低下は、メラニン色素の沈着を引き起こし、しみの出来やすい体質を作りだしてしまいます。

不摂生対策

物理刺激

洗顔のときに、肌をゴシゴシ擦っていませんか?実はこれも原因となります。

誤ったスキンケアは慢性的な炎症を引き起こし、炎症箇所では有害な活性酸素が作られます。メラニン色素には活性酸素を還元する働きがあり、活性酸素を減らすためメラニン色素の生成が活発化し、シミを作り出します。

刺激対策

このページの先頭へ


  • サイトマップ
  • 運営者情報