シミにはどんな種類があるの?

kaiwaS.gif(4461 byte) メラニンっていう色素がシミの原因なのね。シミにはいくつか種類があるって言うけど、それぞれどう違うの?私のはどれなのかしら?

特徴と見分け方

肝斑

kanpanS.gif(11079 byte) 額、頬、目や口の周りに左右対称に現れる扇状で褐色なのが特徴。30~40歳代以上の女性に多く見られます。紫外線による影響のほか、妊娠時や出産経験のある女性、ピル服用者が30~40歳代に発症するケースが多く、女性ホルモンのバランスが関係していると考えられています。

老人性色素斑

roujinseiS.gif(11032 byte) 日光色素斑とも呼ばれ、紫外線が原因となってできるシミ。頬骨など紫外線の当たりやすい部分に出来やすい。肌の新陳代謝が衰える、30~40歳代以上に多くみられるが、若いころから日焼けした人ほど出来やすく、早い人では10代から現れることもあります。

そばかす

sobakasuS.gif(11060 byte) 正式名称は雀卵斑と呼ばれ、両ほほから鼻にかけて現れる茶褐色で小さな斑点状が特徴。遺伝的要素が強く、体の色素が薄い人に現れることが多いと言われています。また、紫外線を浴びたり、加齢により濃くなったり増えることがあります。

炎症性色素沈着

enshouseiS.gif(11042 byte) ニキビあとや傷あとに茶色く残ったシミ。虫刺されのあとや無駄毛を抜いたあとにも現れることがあります。物理的刺激により色素細胞から大量のメラニンが生成されることにより炎症性色素沈着の原因となります。紫外線を受けることで濃くなったり、消えなくなることもあります。

花弁状色素斑

背中や肩など主に上半身に出来る花弁(はなびら)状のシミ。海水浴などで紫外線を大量に浴びることにより出来ます。日焼けが治まったあと1~3カ月に現れることが多い。

このページの先頭へ


  • サイトマップ
  • 運営者情報