シミ対策の基本は紫外線対策

考える女性 まずは、紫外線からね。でも、気をつけるのは夏場だけじゃないの?

対策

量に違いはありますが、紫外線は一年中降り注いでいます。
3月ごろから紫外線量が徐々に増え始め、6月~7月がピークとなります。また、紫外線は晴れの日だけでなく、曇りの日でも晴れの日の約50%、雨の日で20~30%が降り注いでいます。このため一年間を通して、紫外線対策を行うことが大切です。

さらに、部屋の中でも安心はできません。一般的な窓ガラスの場合、紫外線の50%~60%はガラスを通り抜け部屋の中に到達します。部屋の中であっても日焼け止めを塗るなど紫外線対策を怠らないようにしましょう。

また、妊娠中や、黄体ホルモンが多く分泌される排卵後の高温期(黄体期)、色白の人は特にUVの影響を受けやすいため注意しましょう。

紫外線対策には、日焼け止めクリームで、肌を直接紫外線から保護しましょう。日焼け止めは数値の高さよりも、こまめにつけ直すことが大切です。また、日傘や帽子などもある程度の防止効果はありますが、紫外線は上からだけでなく照り返しにより、下からもかなりの量が反射していますので、過信せずに日焼け止めクリームとの併用が望ましいでしょう。日傘よりも効果が期待できるのが、服や手袋です。とくに、綿の色ものであれば効果的に防止できます
参考)紫外線&シミ

このページの先頭へ


  • サイトマップ
  • 運営者情報